--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Take Two Interactive

2010年02月24日 11:41

http://www.famitsu.com/game/news/1232337_1124.html

もしかしてRed Dead Redemptionもローカライズされるのでしょうか!?
されたらマジで濡れる!ビショヌレ!

●開発期間が6年を越え
●全体の開発費が既に4000万ドル
●回収可能な売り上げラインがおよそ8000万ドル
●利益を得るためには1億6000万ドル/350万本の販売が必要
●Red Dead Redemptionの販売目標は400万本から500万本
●Red Dead Redemptionで目指している事は利益を得る事では無く、開発を担当しているサンディエゴスタジオがトリプルAタイトルを制作可能である事の証明にしたい

http://beeep.jp/2010/017396.html

一概には言えませんが、こんな話をきくと、日本の開発会社は海外にかなり差をつけられているんだなあ。と、痛感させれちゃいます。






あと、2Kスポーツ。

2Kスポーツといえば、MLB2K10のデモが日本でも配信されました。
これはフラグなんでしょうか?
日本ではスパイクがワールドメジャーセレクションとしてマニュアルのみ日本語で発売しています。
しかし、箱通のインタビューではこのシリーズを継続するかは検討中というなんか歯切れの悪いコメントをしていました。
もしかしたらTake Twoの日本上陸が原因なのかもしれません。

そのスパイクは3月4日にローカライズタイトルを発表するらしいのですが、Red Dead RedemptionやMAFIAⅡの可能性は低いのかもしれません。ドラゴンエイジはテキストが膨大過ぎてうんぬんよりEAなので・・・。
個人的に勝手に予想すると、アイドスはスクエニ傘下になってしまったので、トゥームレイダーやヒットマンは難しいとインタビューでも語っておられたので、ジャスコも違う。アクティビジョンものもしかり。
わざわざ期待を持たせるような発表のしかたからして、まるっきり無名なタイトルでもなさそう。
ということで、Metro2033。(360のみの新作とはコレのこと?)
THQタイトルはレッドファクションゲリラとかもやってますし。
しかし、日本のTHQはよくわからない・・・。
Metroはストーカーのようなオープンワールドではなく、ストーリー重視の1本道らしいので、もっともローカライズされるべきタイトルのひとつではあると思います。吹き替えでも字幕でも日本語で遊べるのなら、絶対買います!あの雰囲気、世紀末感は好物です。関係ないかもですけど、漫画のドラゴンヘッドやサバイバルなんかも好きです。
(あくまで勝手な予想です。願望も含まれておりますw)



さて、スポーツゲームなんですが、英語でも問題無いと自分にも言い聞かせてきました。けれど、データが重要な昨今のスポーツゲームだと、テキストが日本語になってくれるだけでもかなり違うと思います。
でも、日本で発売してくれるだけでもありがたいのですけど。(日本人の対戦相手が増えると言う意味においては)

MLB2Kの前作はデモしかやってないのですが、ネットの掲示板や動画なんかをみるとバグやなんやと評価は最悪の劣化品らしいです。(開発のゲームエンジンを変えたとかで、うまくいかなかったらしい)
今回の出来しだいでは、このシリーズの命運がかかっているので、力は相当はいってると思います。
PS3のTHE SHOWの台頭もありますし。

で、MLB2K10のデモをやってみた感想なんですが、かなりおもしろいです。
グラフィックはやはりTHESHOWにはおよばないと思うのですが、よくできていると思います。
個人的には、バッティングの振るタイミングが早いとか遅いとか表示されるところとか、スローでボールが残像で表示されて、タイミングとバットの角度がひと目でわかるシステムが最高だとおもいました。
野球というスポーツは緻密な戦略や駆け引きが大事ですから。
他にもいろいろと言いたいのですが、興味がある方はとりあえずデモをプレイしてみてください。



そして、同じ2Kでも派手なアクション性や爽快感を重視したタイトルTHEBIGS2をプレイしてみました。







このゲームは超人的プレイにはゲージを消費します。
そのゲージはストライクとったり、ボール玉を見逃したりと、プレイごとに上がります。ファインプレーでももちろんあがりますし、2ベースよりも3ベースのほうがポイントが高かったり、けっこう細かく設定されています。
なので、相手の心理をよんでガマンしたり、勝負したり。得意なコースにあえて投げて潰いくか、無難に不得意コースで勝負するか。ハイリスクハイリターンを狙ったり。ゲージを無駄に使わず、勝負所を見極めることが重要になってきます。
爽快感はあっても、大味なんじゃないの?と言うかたにもプレイしてほしいタイトルです。
スポーツ好きもアクション好きも楽しめるタイトルだと個人的には思います。
オススメです。
ちなみに開発会社はデッドライジング2を開発中のBlue Castle Gamesです。
動画の対戦相手のナグさんにきいて初めて知りました。情報サンクス。
デッドリジング2にも、スポーツふうのハチャメチャな対戦モードがあるらしいので期待ですね。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。